Older Post | Newer Post

トルコのおじいちゃん

もう10年前。大学の卒業旅行で友人3人でトルコを旅した時のこと。
前情報もあんまりないままバスなどを利用しての珍道中。
この10日足らずの旅で私を虜にしたものは、ケバブでもトルココーヒーでもなく、おじいちゃんたちのズボン。
あのお尻から膝付近に溜まる布のドレープに心奪われたものです。すかさず、後ろ姿の写真も撮りまくりました。
もう、おじいちゃんの後ろ姿を見ては、にんまり。
それ以来、似たようなパンツを見つけては狂喜乱舞していたわけですが、中々その愛らしさは身近な人々にもわかってもらえず家族の間では「ドーラパンツ」なる名(ラピュタのドーラおばさんより、引用)を付けられてちょっと笑われていたわけです。着過ぎていろんなところがほつれては縫い直し、縫い直し、と大事に着続けましたがさすがに布の痛みも限界か、という4、5年前…

そんな頃に初めてBiarritzというフランスの小さな海沿いの街を訪れるように。街では私の心を鷲掴みにした「ドーラパンツ」が!あっちにも、こっちにも!
しかも、トルコで見た感じとはまた雰囲気が違っていて、少女からエレガントな老婦人までみな素敵に着こなしているのです。主に女性。タイパンツも大好きだけれども、私のベストはやはり、トルコで見たおじいちゃんのパンツ。
それがまさに今日本でも市民権を得たサルエルパンツでありました。
再会したビアリッツではフランスのご婦人の素敵なサルエルの着こなしに心奪われもしたので、去年は母にサルエルのサロペットなぞもお土産に買ってきました。麦わら帽子と合わせて良く着てくれています。
コムデギャルソンなんかではずっと扱っていたようだけれど、ここ2年くらいは東京でもよく見かけるようになったので今のパンツがダメになっても安心です。一過性の流行で姿を消しませんように…

トルコで撮ったおじいちゃんの写真は見つからず…フィルム時代の写真の整理の必要性を改めて確認した所存です。
唯一掘り返せたトルコサルエル写真は、偶然見たトルコのウェディングでの列席のおばさまでした。でも、おじいちゃんのとはちょっと違うのだよなぁ。

Turkish Wedding

Comment

ドーラパンツとは!
言い得て妙って感じだね。
私もこれからドーラパンツって言おうかな。

サルエルパンツ、私も大好き♪
可愛いし楽ちんだし、1回履くと止められんよね。
トルコのおじいちゃんのフィルム写真見つけたら見せてね☆
おひさしぶりーだだいまー
今日本だよ。
このパンツ、アジア方面の旅人にとても流行っていたよ。
私はトイレでうっかり、ってことが心配で購入しなかったけどかわいいよね。
久々にhiroquitaと会いたいなー
  • ショウコ
  • 2010.05.29 13:32
>ちぃ
ドーラパンツと言い続けてはや○年…
ある日名を変え市民権を得て目の前に現れたよ。

トルコのおじいちゃんの写真、哀愁漂う背中で丸いサルエルが可愛らしかったのに…どこにしまってあるのかしら。
>ショウコ
おかえりー!
久しぶりの日本はいかがですかね。
今のところキャンプなどでもトイレでうっかりはまだないけれど、今後も用心せねばね。
私も久しぶりにショウコと会いたいよー。
会おうか、近々。





 
Who am I ?
line5
icon_atlanta
web shop
line5
logo
taller de Hortensia
Calendar
line5
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
Recent Posts
line5
Categories
line5
Archives
line5
Links
line5