Older Post | Newer Post

師走


京都の下鴨神社のひんやりした空気にいたく感動して、伏見稲荷の狐に魅せられて、錦市場の白味噌を探して、ヴィンテージビーズなんかを長時間物色して、お土産の阿闍梨餅やらちご餅やら貝合わせやらみたらし餅なんぞを買い込んで。
ローラーバッグをがらがら引いて、イギリスに帰る友達と東京での逢瀬を楽しもうと狐の面ももったままちゃんこ鍋を食べに茅場町くんだりまで遊びにゆき、会話もご飯も堪能して、東京の自宅へ辿り着いたのは深夜。
京都の旅の間に溜まった郵便物を片手にお部屋に帰ってゴロン。
新幹線って、体が本当に疲れる。飛行機よりも、新幹線に乗った時は疲れが尾をひく…大体何日かあとに体調が悪くなります。
歩きまくって疲れた足を癒そうと、新幹線でおかしくなりそうな体のためにメンテナンスを、と湯船にお湯を張ってじっくり浸かって替えたばかりのシーツで気持ちのいいベッドへ。

翌日、バタバタと旅の荷解きやら何やらをしていて時間は流れ、その日の夜にふと「郵便物のチェックをしていなかったな」と前日たんまり持っていた郵便物に目を通してDMをじゃんじゃん処分して行ったとき、久しぶりに手書きの宛名を見て「おや、誰だろう」時にしつつそれは最後に、なんて取っておいて全てに目を通しました。

手書きの宛名、それは師走の光景のひとつである喪中のお知らせ。
そして、私にとって初めての家族からいただくお知らせ。
ずいぶん前に船に乗って旅をした時の、船上でとってもお世話になったおじいさん。
ずいぶん可愛がってもらったひと。ちょっと面倒くさい状況の時に何も言わず助け舟を出してくれたりしたひと。
一緒にアフリカの横広い景色や、ガラパゴスの色彩豊かな環境を一緒に体験した人。
日本に帰ってきてからお会いすることもあり、飲みに行ったりもしたものです。
そんな大事な人が亡くなっていました。自分の筆無精を詫びる気持ちです。

私も彼のように年を重ねてもひとりで世界を回る船に乗ってゆけるように、彼が自分の歳の半分にも満たない小娘ですら尊重して良くしてくれたように、良い年を重ねてゆけるように。

何だか師走っていろいろいつもと違う気持ちになるのだな。

Comment






 
Who am I ?
line5
icon_atlanta
web shop
line5
logo
taller de Hortensia
Calendar
line5
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
Recent Posts
line5
Categories
line5
Archives
line5
Links
line5