Older Post | Newer Post

伊勢へ再び


昨年のお伊勢詣りから丸々1年、今年も伊勢へ。
死ぬまでに一度はしたいお伊勢詣り、幸運にも2度目となりました。
海外へ旅立つ友人とともに、八百万神も集まる伊勢へご挨拶を。
今回はローカル線に頼った電車の旅。のどかな駅の風景が印象的。
よく話し、よく笑い、よく食べ、よく寝た充実した旅でした。
話し尽くせないほどの楽しい出来事は心にしまって、ここでは少しだけ。


なんと行っても衝撃だったのは宇治橋の架け替え工事。
良く考えたらホームページにもアナウンスされているのだけれど、全く気付いていなかった!完全なる間抜け具合。
それでも20年に一度の工事の様子は本当に興味深く、ほとんど参拝の人のいない夕方の内宮に「木殺し」と言われる作業の「トントンカンカン」という調子の良い音が鳴り響いていました。
この橋が架かっているときは、橋の手前から2番目の左側の擬宝珠にこの宇治橋をお守りするお札である万度麻(まんどぬさ)が入っているらしい。


本当に気持ちがよかった五十鈴川での禊。
この日の伊勢は頭がぼーっとするほどの熱さで日陰でも太陽が眩しくて、顔や腕が日差しを浴びてジリジリとするほど。
ここでは手と足を清めたのだけれど、こんな日でも水に浸けた足がジンジンと痺れるほどの川の冷たさ。
川の音に鳥や虫の声が辺り一面にしていて最高。
人が少ない時間ならではの日常を忘れられる時を過ごせました。
正宮の光り輝く鰹木やそこだけ不思議なほどに変わる空気などで胸がドキドキとして気持ちのいい緊張感を持ったまま参拝することができて良かった。
きっと何度訪れてもこんな気持ちになるんだろうな。
そしていつも名残惜しい気持ちで振り返り振り返り帰ってゆくのだろうな。

私にとっての非日常である旅でふれあう人々の日常がそこにはあって、本当に頭がリセットされる。
私が悩んだり考えたりしている事がちっぽけに感じられたり、考えても見なかった選択肢が世の中には無数に散らばっている事を知ることが出来る。

伊勢に行く前日にもくるりのライブに行っていたのでこの旅はくるりの楽曲とともに。
口をついて出るのは『魂のゆくえ』と『つらいことばかり』。
素敵な曲であります。いいアルバムであります。

素敵な時間はあっという間に過ぎるけれど、きっと一生心に残るもの。
本当にいろいろと心のうちを話したり、笑ったり。
素敵な時間を過ごすことができた旅のコンパニオンに心から感謝です。


*旅の写真などは徐々にこちら↓へアップします。
Flickr! Ise 09
http://www.flickr.com/photos/hiroquita/sets/72157620511477995/

Comment

お伊勢参り!
もう1年も経つんだねぇ。
夏は赤福の氷が絶品だと最近教えてもらったよ。
出産前にもう一度、と思っていたけど、
そろそろ遠出は厳しそうです・・・。
  • kaori
  • 2009.06.29 13:42
>kaori
もう1年だよ!早いねぇ。
今回は昨年とはうってかわって灼熱の伊勢だったので
早速赤福氷をいただきました。美味しかったー!
濃いめの甘い抹茶シロップに赤福のあんこ、さらに中のお餅も!
しっかりkaoriの安産祈願、して来たよ。
本当に楽しかったねぇ!
衝撃的なこともいろいろあって、さらに思い出深い旅となったよ。
どうもありがとう☆

宇治橋を渡ることができなかったのは返す返すも残念だけど…
行く前に私もHPチェックしてたのに、気付かなかったなぁ…
でも、それもまた楽しめたものね。
やはり木殺しか。木に「木殺し用」って書いてあったものね。奥深いですなぁ。

八百万の神々にもご挨拶できたし、神聖で幽玄な空気を感じることができたし、心機一転(?)渡航の準備をしなくっちゃ。
その前にまた旅行の準備をしなくっちゃ…
  • ちぃ
  • 2009.07.04 13:09
>ちぃ
楽しかったよぅ。
ありがとうね。

宇治橋、残念だったけれどきっとやり残したことがある場所は再度訪れることができるから、それもまた善しだね。
木殺し、凄い名前だよね。そして凄い技だよね。
もっといろんな過程を見たいな。興味深いです。

あの空気を感じるとなんか本当に心機一転、だね。
旅の準備に、渡航準備、どっちも頑張れー。
楽しいことが目白押しだね。





 
Who am I ?
line5
icon_atlanta
web shop
line5
logo
taller de Hortensia
Calendar
line5
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
Recent Posts
line5
Categories
line5
Archives
line5
Links
line5