my first niece



先日チビッコ、生まれました。ふわふわ。

プチホームステイ



世の中はGWも終わったころ、友人宅へプチホームステイへ。
ゆっくり話せるのは久しぶりだったし、今回は楽しいプロジェクトも。



友人のお仕事のお手伝いで松本珈琲工房さんのお店周りの写真を撮らせてもらいました。とっても楽しくて、とってもいい経験になった時間。ずーっと珈琲豆のいい香りに包まれていました。おいしい珈琲にコーヒーゼリーのデザートまで用意していただいてとっても楽しいひととき。初めてお会いした松本さんもとっても素敵な方でした。
縁は縁を呼ぶんだなぁ。
集中して写真を撮ると、あんなに汗をかくんだ!赤ちゃんみたいに髪の毛がおでこにぴたっと…
みんなで力を合わせて看板の水張りもしたりして、大学時代を思い出しました。
会社でも、こんなことよくやってたな。

いつも滞在する度に心も体もリフレッシュ出来る友人宅。
まるでお母さんのように毎回おいしいご飯を用意してくれます。
彼らとの会話で、いろいろな魔法の煙にまかれそうなときその煙が晴れてゆく感じ。
ピントのボケていた自分の方向が改めてフォーカスされる感覚。
本当にこういった友人に出会えることは人生でもそうないこと。
友人の家でゴロゴロするのが苦手なわたしも、このおうちではついついゴロゴロと床に転がってしまうのです。
彼らに対して感じる感覚って、友人というよりも家族のそれに近いのです。

今回の滞在も、とっても素敵な時間だった!感謝の気持ちでいっぱいです。
どうもありがとう。



師走


京都の下鴨神社のひんやりした空気にいたく感動して、伏見稲荷の狐に魅せられて、錦市場の白味噌を探して、ヴィンテージビーズなんかを長時間物色して、お土産の阿闍梨餅やらちご餅やら貝合わせやらみたらし餅なんぞを買い込んで。
ローラーバッグをがらがら引いて、イギリスに帰る友達と東京での逢瀬を楽しもうと狐の面ももったままちゃんこ鍋を食べに茅場町くんだりまで遊びにゆき、会話もご飯も堪能して、東京の自宅へ辿り着いたのは深夜。
京都の旅の間に溜まった郵便物を片手にお部屋に帰ってゴロン。
新幹線って、体が本当に疲れる。飛行機よりも、新幹線に乗った時は疲れが尾をひく…大体何日かあとに体調が悪くなります。
歩きまくって疲れた足を癒そうと、新幹線でおかしくなりそうな体のためにメンテナンスを、と湯船にお湯を張ってじっくり浸かって替えたばかりのシーツで気持ちのいいベッドへ。

翌日、バタバタと旅の荷解きやら何やらをしていて時間は流れ、その日の夜にふと「郵便物のチェックをしていなかったな」と前日たんまり持っていた郵便物に目を通してDMをじゃんじゃん処分して行ったとき、久しぶりに手書きの宛名を見て「おや、誰だろう」時にしつつそれは最後に、なんて取っておいて全てに目を通しました。

手書きの宛名、それは師走の光景のひとつである喪中のお知らせ。
そして、私にとって初めての家族からいただくお知らせ。
ずいぶん前に船に乗って旅をした時の、船上でとってもお世話になったおじいさん。
ずいぶん可愛がってもらったひと。ちょっと面倒くさい状況の時に何も言わず助け舟を出してくれたりしたひと。
一緒にアフリカの横広い景色や、ガラパゴスの色彩豊かな環境を一緒に体験した人。
日本に帰ってきてからお会いすることもあり、飲みに行ったりもしたものです。
そんな大事な人が亡くなっていました。自分の筆無精を詫びる気持ちです。

私も彼のように年を重ねてもひとりで世界を回る船に乗ってゆけるように、彼が自分の歳の半分にも満たない小娘ですら尊重して良くしてくれたように、良い年を重ねてゆけるように。

何だか師走っていろいろいつもと違う気持ちになるのだな。

晴れの日に

wedding

大切な友達の結婚式のため、グアムに行っていました。
東京に木枯らしが吹いて冬将軍がそこまでやってきているそのころ、湿度が100%はあるんじゃないかという暑ーいグアムで南国の良く似合う彼女の明るい結婚式。
雨期で雨続きの中、嘘みたいに青く晴れ渡った暑い暑い日。

しんみりと感涙しがちな挙式も、彼女の手にかかれば笑いの絶えない明るい式となり、なんだか幸せな空気に包まれつつも肩の力の抜けた笑顔のお式。
今までどれだけ彼女と世界中を旅してきただろう。私の旅の良きバディ。
きっとこれからも、そう。
やっぱり、大切な友達の結婚式っていいものです。20年来の友人となれば、家族も知っているから久しぶりに友人の家族に会えることも本当に楽しい。しかも、今回は親族席に一緒に着席してたのでたくさんお話しできて楽しかった。
初めて会った旦那様も、私たちみんなのハートを虜にしていたよ。

破天荒ながらも繊細で意外と涙もろい友達。
さすがに挙式前日のスピーチ依頼、焦ったんだから!
でも、明るいパーティであまり緊張せず話せて良かった…
どうぞ、お幸せに。これからもよろしくね。

清志郎さん

岩松了監督の『たみおのしあわせ』を友人と見直しながら、
「清志郎さん、素敵だよねぇ。」
「早く元気になって欲しいよねぇ。」
なんて話していたまさにその日。
忌野清志郎さんが亡くなりました。享年58歳。
なんだか嘘みたい。

去年のRSRで出演が病気でキャンセルになってからも、そのうちまた!なんて無責任に公演を楽しみにしていたのに。
またひとり、素敵な人がこの世からいなくなってしまった。
格好いい姿を見せてくださってありがとうございました。
ご冥福をお祈りいたします。

おめでたい


どうやら、うちの妹の陽子JPSAの女子ロングボードプロの初代チャンプになったようです。あ、初戦チャンプか。
これは、おめでたい。おめでとう。
いやいや、ブカブカのおむつをはいていた妹が立派になって。
私にとっては負けず嫌いで泣き虫で甘ったれな妹ですが、その彼女がこうやって頑張っている事が嬉しいし、誇らしくもあり、そして不思議な感じです。
きっとツアーはまだ続くのでしょうけれど、ひとつひとつ頑張ってもらいたいです。
グッジョブ!

情熱大陸

4月26日の情熱大陸は麻生久美子さん。
大好きな女優さんです。
リアルタイムでも番組を見て、録画もした!(これは私にしてはかなり珍しい事。)

最近の私はニュースか時効警察しか見ないくらい、あのドラマの虜。
間もなく公開の『インスタント沼』も楽しみ。

なんだか、真剣に仕事をしている人同士の会話って素敵だなぁ、と思う。
すごく熱くて、その熱さを誰も馬鹿にしない、そんな素敵な空間っていうものがすごく好き。そうやって仕事をしている人の作品ももちろん、舞台裏である制作現場を見る事が私は好きだ。
今回の情熱大陸も、その素敵な空間を覗き見ることができて嬉しかった。

ファッション誌の撮影カメラマンのリクエストに応えて顔がガラリと変わる瞬間、思わず鳥肌が立っちゃった。

サプライズ

package

宅配ボックスを開けたらいい香り。
一瞬で何かはわからなかったけれど、よく知っている香りがそこに漂って心地よい。

友人からのサプライズギフト。
予期せぬ郵便ほどワクワクするものはない!と常日頃思っているけれどまさにそれ。
袋を開けるときの幸せったらありません。
仲良しの友人からのシリアのお土産。大好きなアレッポ石けんとピスタチオ。
素敵なお手紙も添えてあって、嬉しいギフト。
ああ、そうか。この石鹸の香りだったのか、と妙に納得。
我が家のバスルームの香りだから妙に心地よかったんだとひとりで微笑んでみたりしてさぞ不気味なことでしょう。

私もこうやってスマートに人に贈り物ができたらいいな。

素敵なお土産をどうもありがとう。
里子ちゃんをこれからもどうぞよろしく。

引き売り豆乳

noguchiya

最近の日曜日の午後の楽しみの1つが、豆乳です。
乾いた暖かな春の午後に窓を開けた部屋で冷えた豆乳を飲むのが美味しい!

午後のまろやかな日差しとともに、お豆腐屋さんの「パープー」というラッパの音。
「あ、お豆腐屋さんが来たねー」とラッパの音に反応している猫達と顔を見合わせ玄関へ走ります。毎週日曜日は目黒不動前から引き売りのお豆腐屋さん「ゆば・豆腐 築地 野口屋」さんがやって来るのです。

新鮮な豆乳が美味しくて、楽しみにしているのだけれどご近所の外国人の方々から人気が高くて売り切れていることもしばしば。今日は運良く買うことが出来ました。
私が買い終わったところで買いに来たご近所さんのオーダーもやはり「soy milk」。しかも、お豆腐屋さんの台詞は「sold out」。私が買ったのがラストの豆乳でした。
分けようか、というお話をしたところ「来週また買うから気にしないで」とのこと。
毎週こんな感じですぐに売り切れてしまうのです。

soymilk

この野口屋さん、この引き売り販売で「ニート・フリーター対策」なるものを行っているとのこと。食育、リサイクル、高齢化社会対策、防犯・防災、そう言った企業理念でのリヤカー引き売り販売。素敵だなぁ、と思います。

tofu

これからの時期、暑くなっていって大変でしょうけれども、毎週楽しみにしています。

次会うときはアメリカで

yasuko

私の大切な友人のひとり、yasukoが、昨日アメリカへ旅立ちました。
今頃はようやく空から下りて到着かな?
次会うときはきっとアメリカです。

いつもいつも一緒にいる訳ではないけれど、何かあるときはいつだって側にいてくれる私の良き相談相手でもある彼女。そんな彼女の新たな生活の始まりが楽しみです。

私がスペインに行ったら、旦那様と遊びに来てね。
Who am I ?
line5
icon_atlanta
web shop
line5
logo
taller de Hortensia
Calendar
line5
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
Recent Posts
line5
Categories
line5
Archives
line5
Links
line5